【APEXプロ選手紹介】Snip3downがパッド使いの最強プレイヤー|経歴・設定・使用コントローラーを紹介【TSM】

ApexLegends

こんばんは!
『よんすぽ!』のYOSHIです。

今回はApexLegendsのeスポーツ『プロゲーマー紹介シリーズ』の第一弾をお届けします!
第一弾として紹介するのは…アメリカのチーム”TSM”にアルブラレリーに変わり新しく加わった『Snip3down(スナイプダウン)』選手です!

プロゲーマー歴10年以上のパッド使いの最強プレイヤーの詳しい情報をご紹介。

Snip3down選手のプロフィール

引用:https://www.snip3down.com/

選手名:Snip3down / スナイプダウン
本名:Eric Wrona
年齢:29歳 / 1991年5月3日生まれ
出身:アメリカ合衆国 / インディアナ州
所属チーム:Team SoloMid(TSM)
SNS:YouTube | Twitch | Twitter

経歴

2020年現在はApexLegendsのプロ選手として競技シーンの第一線を走るトップ選手ですが、Snip3downのeスポーツ選手としての活動は『Halo』というFPSゲームから始まります。Haloは主にXboxシリーズでプレイするSF系のFPSゲームです。コンシューマー出身である為、現在はPC版のApexLegendsをプレイしていますがコントローラーを使用してプレイしています。

2008年にHalo3でプロデビューしたSnip3downは12年もの間、トップのプロeスポーツプレイヤーとしてHalo3~5、CoD Ghosts、ApexLegendsという様々なFPSタイトルで活動してきました。最も長く活動しているHaloシリーズでは約10年間で24回ものチャンピオンを獲得しています。

https://www.halowaypoint.com/en-us/news?categoryName=esports&page=8

eスポーツ選手はトップ選手ですら20代前半~中盤で引退することが多いと言われています。理由は「反応速度が衰えついていけなくなった」や「モチベーションの低下」等があげられますが、そんななか間もなく30歳を迎えるSnip3downはまさにレジェンドプレイヤーといっても過言ではありません。

ApexLegendsでの経歴

<チーム>
Team Reciprocity ~2020年2月
Rogue 2020年4月~9月
Team SoloMid 2020年10月~

<主な大会戦績>
-2019年-
Exp Invitational(Xgames) 2位 | $24,000
TwitchCon 3位 | $32,000
-2020年-
ALGS Online #4 優勝 | $7,200
ALGS Summer Circuit#1 2位 | $3,000
ALGS Summer Circuit#2 3位 | $1,500
GLL Masters Summer 優勝 | $15,000
ALGS Autumn Circuit#3 優勝 | $6,000
ALGS Autumn Circuit#4 2位 | $3,000
ALGS Autumn Circuit Playoffs 3位|$15,000

Snip3down選手のApexLegends設定

移動/エイム

視点感度
4
視点感度(エイム)
3

反応曲線
クラシック
視点操作デッドゾーン
なし
移動操作のデッドゾーン

スコープ設定

エイム時カスタム操作
3/3/3/5/5/5/5

ビデオ

視界
104

Snip3down選手の使用デバイス

PC

グラフィックボード

RTX 2070(以下、参考製品)

CPU

Intel i7 9700K

メモリ

16GB(以下、参考製品)

 

デバイス

コントローラー

Scuf Prestige

ヘッドセット

Astro A40

モニター

Benq XL2430


タイトルとURLをコピーしました