【eスポーツ】2020年秋の注目プロチーム紹介【Apex】

ApexLegends

こんにちは、『よんすぽ!』のYOSHIさんです。

今回は今、日本で一番熱いFPSタイトルエーペックスレジェンズのプロチーム紹介です!
国内のプロチームはもちろん、海外の強豪チームもご紹介。

それでは見ていきましょうー!

エーペックスレジェンズ注目のプロチームはこちら!

これまで紹介したようにApex Legendsは世界的に人気の競技タイトルになっています。当然、競技シーンでは沢山のプロチーム・選手が活躍しています。
今回は厳選した人気プロチームを国内・海外のそれぞれご紹介します!

注目のプロチーム3選【国内編】

Apex Legendsが配信開始されて以降、日本では徐々に人気があがってきて今やFPSゲーム人気No.1といっても過言ではないくらいです。eスポーツ大会はカジュアルと違い”PC(パソコン)版”のみで実施されている為、Apex Legendsの為にゲーミングPCを揃えるというPS4プレイヤーが続出している程です。

そんな日本の競技シーンを突き進むトッププロチームを今回は3チームをご紹介!

DeToNator(デトネーター)

1チーム目は”DeToNator”です。
<メンバー>
Mukai選手   Twitter
LEIA選手   Twitter
L8af選手   Twitter
Tsubakiコーチ Twitter

チーム自体は日本eスポーツ界の中でも歴史が長く、設立は2009年に当時人気FPSゲームの”AVA”で誕生しました。Apex部門は2019年に活動が開始され、今まで多くの大会で入賞をしてきました。
Mukai選手のオーダー(司令塔のこと)力とチームコミュニケーションを武器に時には思い切った作戦に出て勝利を掴む事があります。
印象的な大会は”ALGSサマーサーキット Week1″のグランドファイナルの最終第5ラウンドです。4ラウンド目までは勢いに乗り切れず優勝はかなり厳しい状況でしたが、「最終ラウンドで失うものは無い!」と言わんばかりのキルムーブを貫きなんと22キルのチャンピオン獲得で見事大逆転優勝を飾りました!
Mukai選手視点の大会動画を是非↓

【APEX公式大会】逆転優勝!22キルチャンピオン!【Apex Legends】


この主人公感がファンを惹き付けているんだと感じますね。

もう1名Alelu選手が在籍していましたが、2020年8月30日に行われたRAGEASIA2020で競技シーンからの現役引退を発表されました。
新体制になったDeToNatorに要注目です!

チーム公式HP→https://detonator-gg.com/

SCARZ White(スカーズ ホワイト)

続いて2チーム目は”SCARZ White”です。
<メンバー>
Lejetta選手   Twitter
otogi選手    Twitter
STEEEAL選手   Twitter
Rumadコーチ  Twitter

SCARZもDeToNator同様に昔からFPSの競技シーンを盛り上げ続けている名門チームの1つです。チームの設立は2012年の”Battle Field3”というゲームからスタートしました。
Apex部門でもALGS初戦から参戦しているベテランチームとなります。2020年8月30日に開催されたRAGEASIA2020では第1ラウンドから18キルの2位、第2ラウンドも9キルの2位と序盤に躍動をしていましたが、最終ラウンドでは兄弟チームのSCARZ Blackに序盤で打ち負け最終順位2位という結果に終わりましたが、観戦しているファンに大きなインパクトを残しました。
RAGE ASIA 2020↓

【RAGE ASIA 2020】Apex Legends

バトルロイヤルゲームは円の位置が毎試合変わり、動き方も変化が出るため運の要素も濃く出るゲームですが、出場したほとんどの大会で10位以上に入るという安定感があるため今後の飛躍にも期待されるチームです!

チーム公式HP→https://www.scarz.net/

Crazy Racoon(クレイジーラクーン)

3チーム目は”Crazy Racoon”!!
日本のチームでありながら、Apex Legendsでは韓国人3名を有して戦っています。
<メンバー>
Ras選手   Twitter
Cpt選手   Twitter
Mondo選手  Twitter

Crazy Racoonは元々、世界で大人気のTPSゲーム”Fortnite”で生まれた日本で人気のチームですが、2020年からApex Legends・Varolantという人気FPSゲームへも進出を果たしチームの規模を拡大し続けています。
所属する3名は2019年はMVPという韓国のプロチームにも所属していましたが、2020年3月にCrazy Racoonへの入隊が発表されました。中でも突出して人気選手がRas選手!
非常に才能ある選手で、エイム・キャラクターコントロール・キルへの立ち回り等が世界でも指折りの選手です。元々アニメを通じて日本が好きになり日本語を独学する等の努力もあり、日本人のファンも多い選手です。
Crazy Racoonが注目される理由はRas選手個人だけでなくこの夏の大会で多くの実績を出しています。
公式大会のALGSサマーサーキット予選Week1~4では8位・2位・1位・1位と夏の王者とも言える好成績を残し、Play offsの第一シードを獲得しています。
立ち回りとして円の外回りを中心に積極的にキルを稼ぎにいくというアグレッシブな戦い方も、ファンからの人気の理由でもあります。
チームとしては実績だけでなく、”CR Cup”というチーム主催の大会を開催する等のApex Legendsコミュニティ・eスポーツを盛り上げようとする姿勢があります。

韓国人選手であるものの日本の血が入ったCrazy Racoonのこれからの成長が楽しみです!

チーム公式HP→http://crazyraccoon.jp/

人気プロチーム3選【海外編】

続いては日本を飛び出し、海外のプロチームをご紹介します。
海外では世界各地域でチームが存在しますが主に北米とヨーロッパで強豪揃いの戦いが繰り広げられていますし、もちろん日本のライバルでもある韓国にも多くの世界トップレベルの選手が存在します。

Team SoloMid(TSM)

まず1チーム目は”TSM”!!
<メンバー>
ImperialHal   Twitter
Albralelie Twitter
Reps Twitter

TSMは2009年に設立されたアメリカ/Los Angelesを拠点に活動しています。Apex LegendsをはじめLeague of LegendsやFortnite等の世界的に人気のeスポーツタイトルで活躍しているチームです。
そしてApex Legendsのeスポーツを語る上で絶対に欠かすことのできない、現状唯一の世界チャンピオンです。
なぜ唯一なのかというと、世界中の選手が集まって行われる大会がまだ一度しか開催されていないからです。その大会は2019年9月に開催された”Preseason Invitational”といい、世界中から招待された80のeスポーツチームが出場しました。グランドファイナルでは半日近い戦いを制しApex Legends初の公式世界大会優勝チームとなり賞金$105,000(約1,100万円)を手にしました。そして、この大会の前後含めて大会5連勝を達成するという偉業を果たし、世界で一番の人気チームの座も獲得しました。

3名とも世界トップクラスの実力を持っているのですが、今回特筆するのは”Albralelie選手”です。
素晴らしいと感じる点は世界一の実力を持っている上に向上心が非常に高く、また素晴らしい人格者です。理由はアメリカでの練習に飽き足らず、ヨーロッパやそして日本で開催されるScrim(練習試合のこと)に参加しようとする積極性です。違う地域に参加するには通信回線のラグ、時間帯また言語という壁があります。日本のScrimは日本時間の21時頃~24時頃に行われますが、Albralelie選手の住むアメリカでは早朝になります。日によっては日本→ヨーロッパ→アメリカの3地域のScrimに1日で参加するという鉄人のような生活を送っていました。そして、一番印象的だったのが言語についてです。日本Scrimでは”ShibuyaHAL、Sapoten選手”の日本人2名と何度か参加していました。Albralelie選手の配信ではコメントで「会話は日本人2名が英語に合わせてくれるべきでは?」ときましたがそれに対して「自分から日本Scrimに参加したいと言って参加させてもらってるんだからおれが日本語を覚えるのは当然だろ」と発言し、一気に日本人の心を掴みました。実際、プレイ中には「見てくる」等の日本語を覚えて参加してくれていました。
また日本Scrimに参加した感想としては「他の地域のScrimと比べても非常にアグレッシブで且つ全チームが真剣に取り組んでいる」と非常に好感触で大変気に入っていました。

RANKED ON JAPAN SERVERS WITH HP!!! | Albralelie

このように世界一の選手になるには目に見える努力を積み重ねているから達成できる高みなんだと教えてくれています。
夏のALGSでは1位の獲得から遠ざかり気味ですが、このチームが努力を続ける限り世界トップ級を維持し続けると感じさせられますね。

チーム公式HP(英語)→https://tsm.gg/

T1

海外2チーム目は日本のライバル韓国から”T1″!!
<メンバー>
Karonpe Twitter
Parkha Twitter
Obly Twitter

T1はお隣韓国のeスポーツチームで歴史は古く、設立は2003年に遡ります。StarcraftというRTS(リアル・タイム・ストラテジー)ゲームから始まり、近年ではLeague of Legendsにおいていくつものタイトルと3度の世界チャンピオンを獲得しているチームのApex Legends部門となります。
元々はKaronpe選手、Parkha選手、Selly選手の3名でWyvernというチームをアマチュアチームを組んでTSM紹介でお話した”Preseason Invitational”に出場し、世界3位というアジアトップの成績を獲得したチームが前身となります。またSelly選手は大会最多キル賞(Apex Predator)も獲得!
大会後、T1のApex Legends部門へ入隊しその後にエースであるSelly選手のStreamer(配信者)転身に伴い、Obly選手が加入しました。
T1の特徴はなんと言ってもキルへのアグレッシブさです。他のチームが負けない為の立ち回りをしようとしていてもT1が通りすぎると綺麗に掃除されてしまうという程です。普段は日本と合同のScrimや大会に参加している為、TSMのAlbralelie選手が日本Scrimに参加した時に感じるアグレッシブさはT1やCrazy Racoonの韓国勢が牽引しているとも言えます。
2020年8月に行われた”RAGE ASIA 2020″ではその圧倒的な実力を見せつけ大量のキルを重ねて優勝を果たしました。2020年では未だオフラインの世界大会は開催されていませんが、もし開催されれば間違いなく優勝候補に挙げられるチームとなります。

現エースのKaronpe選手の配信チャンネルを是非チェック!→https://www.twitch.tv/karonpe_

チーム公式Twitter→https://twitter.com/T1?s=20

Gambit

海外3チーム目はヨーロッパから”Gambit”!!
<メンバー>
Artyco   Twitter
Leogri3x6 Twitter
Hardecki Twitter
チーム公式 Twitter

Apex Legendsの大会を欠かさず見ている人でもあまり聞かないチームかもしれません。が、ALGSサマーサーキットのEMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ)地域大会の予選を第1位で通過したチームです。そして、選手構成がロシア人2名・ウクライナ人1名のチームとなっています。日本人にはロシア人プレイヤーはあまり馴染みがないかもしれませんが実はロシアはFPS大国でもあります。現在行われているEMEAのALGSの出場者の国別人数では最多出身国が実はロシアなのです。他のeスポーツタイトルでもレインボーシックスシージのヨーロッパのプロリーグ8チーム中2チームがロシアで構成されています。
Gambitは世界大会のPreseason Invitatinal2019においても80チーム中11位と大健闘し、現在もヨーロッパのトップレベルを走っているチームです。
日本人からすると日本や韓国、アメリカに注目が行きがちですが、今のうちにヨーロッパへも目を向けておくと次の世界大会が開催された時にはより楽しく観戦ができるようになりますので要注目です!

チーム公式HP→https://gambit.gg/

このようにエーペックスレジェンズでは国内、海外ともに注目チーム盛りだくさんとなっています。

9月12日-13日には”サマーサーキットプレイオフ”が開催され夏の王者が決定します。また、10月からは”ALGS オータムサーキット”も開催されますので目が離せない大会が続きます!
各地域の大会の観戦方法はこちらから↓

各大会を観戦すると皆さんも好きなチーム、応援したくなるチームが見つかるはずですよ!
たくさん観戦してエーペックスeスポーツを一緒に楽しみましょう!!

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

タイトルとURLをコピーしました